社長挨拶

代表取締役  工藤浩美
21世紀はまさにコミュニケーションの時代。
スピード、広がり、深さ、すべての面でグローバル化は加速しています。人と人、人と社会、人と世界、国と国といった様々な関わりの中で、「言葉」を軸にして語りあい、伝えあい、理解しあうことがもっとも重要です。
 
そして「言葉」は時代の息遣いを反映し、常に変化し、進化を続けています。通訳・翻訳という仕事は、その不完全な言葉に携る仕事です。大変ありがたいことに私たちはお客様のご指名の多いエージェントです。「あの通訳者にまた頼みたい」「この前お願いした翻訳がとてもよかった」といったお客様の声をたくさんいただきます。それは私たちが創立当初から「記憶に残る通訳・心に届く翻訳」というミッションを掲げ、会社全体で積極的に取り組んだ結果だと思います。ただ言葉を訳すだけでなく、 言葉の背景にある思いやメッセージを汲み取って、相手に正確に伝える。それが、私たちの通訳・翻訳サービスです。
 
そんな私たちの思いは、社名にも込められています。テンナイン(Ten Nines)とは、99.99999999と表記します。9が10個並び、私たちが提供する、限りなく100%に近いコミュニケーションサポートを表現しています。
 
1名の熱心なコーディネーターと数名の通訳者でスタートして10年目、5300名超える言葉のプロフェッショナルをネットワークするまでに成長しました。これからも質の高いサービスを提供してまいりますので、何卒よろしく御願い申しあげます。
 

代表取締役 工藤浩美